Pleurotus cornucopiae
Lentimis Edodes Mycelia
Cordyceps Siinenis
Pleurotus ostreatus
Sparassis crispa
Agaricus blazei Murill
Ganoderma lucidum
Phellinus linteus



Kinoko gan menneki

   21世紀型の健康きのこ

 

きのこ 薬用にされるきのこ 菌糸体と子実体 ガンと免疫力 免疫本舗
Index


松茸
薬用酒として最高
姫マツタケ
Agarikusu
blazei
murrill

 その他の書籍
 

ヤマブシタケアガリクス以上に期待が高まっている新しい薬効キノコといえば、「ヤマブシタケ」。日本では数少ないサンゴハリタケ科のキノコで、中国では古来より健康のために珍重されてきたキノコです。
ヤマブシタケにはβ−グルカン量が23.5g(100g中)も含まれているほか、ヘリセノン、エリナシンという新しい有用成分も発見され、注目を浴びています。

「書籍簡単紹介」
抗ガン効果をもつβ‐Dグルカンの含有率は、あのアガリクスの3倍以上。高いSOD様値が、ほとんどの病気の原因となる活性酸素を強力に除去。脳細胞を活性化し、ボケも防止する驚異のキノコ。

 


薬用にされるきのこ

ヤマブシタケ

 

 

ヤマブシタケ(山伏茸)は、日本には少ないサンゴハリタケ科のキノコで、学術名はHericium erinaceumといいます。分布は中国、欧米、北アフリカと広範囲にわたり、クヌギ、クルミ、椎の木などの広葉樹の樹幹や切り株に着生しますが野生のものを見つけるのは容易ではありません。


木材腐朽菌ですから着生した樹木の栄養分を吸収して枯らしてしまいます。山伏が着る篠懸衣(すずかけごろも)の胸につける飾りに似ているところから、日本では一般にヤマブシタケと呼ばれています。この他、ジョウゴタケ(漏斗茸)、ハリセンボン(針千本)など、ユニークな形状から様々な名前をつけられています。生のヤマブシタケは直径5〜10cmの球形で、長さ1〜5cmの針を全面から垂らし、初めは白色ですがしだいに淡黄色から茶色みを帯びてきます。中国では熊の手、ナマコ、フカヒレとともに四大山海珍味に数えられ、猴頭茹(Houtoukuu)の名で知られています。また、古くから薬膳料理などに用いる健康食材として珍重されてきました。
このキノコは、中国の陸上選手たち(馬軍団)が、冬虫夏草とヤマブシタケ入りの特製ドリンクを飲み快記録を続出させたことで知られるようになりました。

 

 

スポンサー募集

関連サイトリンク 参考文献 メール リンクについて


A society for the study of immunity  

このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。