Pleurotus cornucopiae
Lentimis Edodes Mycelia
Cordyceps Siinenis
Pleurotus ostreatus
Sparassis crispa
Agaricus blazei Murill
Ganoderma lucidum
Phellinus linteus



Kinoko gan menneki

   21世紀型の健康きのこ

 

きのこ 薬用にされるきのこ 菌糸体と子実体 ガンと免疫力 免疫本舗
Index


松茸
薬用酒として最高
姫マツタケ
Agarikusu
blazei
murrill

 その他の書籍
 
霊芝は「生命を養う長寿薬」として、紀元前の昔から、その薬効が明らかにされていました。二〇〇〇年も前に中国で著された薬物書に、すでに具体的な効能が記載されています。

「書籍簡単紹介」

ここ数年、霊芝・アガリクス・プロポリス・キトサンなど、ガンを始めとした成人病に効果があると言われている健康食品が数多く店頭に並んでいますが、一般消費者の方には何を選んで良いのか分からない状態です。値段が高いから効果があるとも限りませんし、安いから無いとも言えません。当センターでは選ぶ際の基準を皆さまにご提供できればと考えています。選ぶ際の一番のポイントは、薬効性について科学的な根拠がある原料を使用しているかどうかです。「霊芝ならアガリクスならどれでも一緒」ではないのです。特に霊芝やアガリクスの場合、種菌(いわゆる種)、栽培方法、栽培地が変われば、その薬効性も大きく異なることが大学の研究で分かっています。

 


薬用にされるきのこ

チャガ(カバノアナタケ)シベリア霊芝

 

 チャーガ(シベリア霊芝)とは、サルノコシカケの一種で、生きた白樺の木に寄生し白樺のエキスを吸って成長するキノコです。別名「カバノアナタケ」「白樺霊芝」「シラカバタケ」「チャーガ」「チャガ」「カバノ癌腫病菌」とも呼ばれています。原産地ロシアでは、1950年代から60年代にかけて多くの研究が行われました。日本には、1960年代にロシア(当時のソ連)のノーベル賞作家ソルジェニーツィンの小説「ガン病棟」で「チャガ」というロシア名で紹介され、霊芝ブーム、サルノコシカケブームのきっかけとなりました。しかし、きわめて稀少なもののため、門外不出とされ、これまで幻のキノコと呼ばれてきたのです。

チャーガは、カバノキ類が分布する温帯北部から寒帯の日本、中国、ロシア等北半球に生育します。寒冷地でも生育可能な耐寒性のキノコです。チャーガはシラカバやダケカンバ等カバノキ類の古木の幹に寄生します。稀にハンノキ、ナナカマド、ブナ、ニレ、カエデにも寄生することがあります。菌核は、径10〜20センチメートル、表面には、亀裂が走り一見したところ石炭のようで黒く硬く、切面は黄褐色です。樹皮下には子実体が平たく広がっています。原体には匂いが殆どなく、味はやや苦い。ノーベル文学受賞者のソルジェニツィンの作品『ガン病棟』には、民間薬としてうたわれるチャーガについて記述が見られます。水溶性多糖類はマンノース、ガラクトース、キシロース、アラビノース等のヘテロ糖鎖と水不溶性多糖類β-グルカンが主体です。


霊芝は「生命を養う長寿薬」として、紀元前の昔から、その薬効が明らかにされていました。2000年も前に中国で著された薬物書に、すでに具体的な効能が記載されています。
 しかしながら、天然に自生している霊芝はごく希少で、採集することが極めて難しいもの。それが大きなネックとなって、近年にいたるまで霊芝の薬理的な研究はほとんど手つかずの状態になっていました。
 霊芝の薬効が科学的に立証されはじめたのは、人工栽培≠ノ成功して以降、ついここ20年ほどのことです。
 最初の研究報告は、漢方薬の御家元・中国から出されました。その内容については本文に訓述してありますが、先の2000年前の薬物書の記載を見事に裏付ける、すばらしい効能が次々と明らかになりました。
 それ以後、日本でも本格的な霊芝研究が開始され、すでに多くの臨床結果が出ています。とくに、現代の難病といわれるガンやアレルギー性疾患、肝臓病などに対する有効性は注目に値するものです。
 化学薬品が数多く開発される一方で、その強い副作用が問題視されている昨今、長期間使用してもほとんど害の認められない霊芝の天然成分の働きは、非常に貴重な効能です。

 

スポンサー募集

関連サイトリンク 参考文献 メール リンクについて


A society for the study of immunity  

このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。