Pleurotus cornucopiae
Lentimis Edodes Mycelia
Cordyceps Siinenis
Pleurotus ostreatus
Sparassis crispa
Agaricus blazei Murill
Ganoderma lucidum
Phellinus linteus



Kinoko gan menneki

   21世紀型の健康きのこ

 

きのこ 薬用にされるきのこ 菌糸体と子実体 ガンと免疫力 免疫本舗
Index


松茸
薬用酒として最高
姫マツタケ
Agarikusu
blazei
murrill

 その他の書籍
 

生きた昆虫に寄生し、昆虫の生命を奪って生育するキノコ・日本冬虫夏草。セミにしか寄生しないセミタケ、ハチにしか寄生しないハチタケ等々、それぞれの菌の種類によって宿主となる虫は決まっている。その数、350種類以上の中からガンに効く日本冬虫夏草だけをピックアップ。しかも菌の生命力が最大のときの成分を抽出したのが日本冬虫夏草エキスです

「書籍簡単紹介」
エッ!?ガンが消えている!医師と末期ガン患者が驚愕。早ければ2週間から1ヵ月でガンが消滅!幼のキノコ・日本冬虫夏草が次々と奇跡を起こしている。冬虫夏草とは、もともと中国産の一種に付けられた固有名詞ですが、現在では昆虫に寄生してできるキノコを総称しています。このキノコのエキスを使ったガン患者のガン消滅、快癒、延命が多数報告され、抗ガン食品として注目されています。

 


薬用にされるきのこ

冬虫夏草

 

 

寄生する相手を寄主、ホストと呼びますが、寄主となる昆虫は、セミ、ハエ、カメムシ、トンボ、ハチ、アリなど様々です。昆虫以外にもクモ類やダニ類も寄主になります。また、ツチダンゴ菌にとりついて生ずるものもあり、昆虫生あるいは虫生と区別して「菌生冬虫夏草」と呼んでいます。
 さらに、果実に生ずるものなども冬虫夏草の仲間とされ、分類上の冬虫夏草属《Cordyceps(コルジセプス)属》に限らずバッカク菌科のいくつかの属を含め、そして、昆虫などを寄主としながら子嚢果を形成しないで、子実体表面に粉状か粘液質の分生胞子をつくる不完全型(菌)も加え、これらを総称して冬虫夏草と呼んでいます。
 冬虫夏草と総称される種は、学会未発表種を含め、世界的に少なくとも390種、このうち日本国内で約250種。国内約250種のうち日本特産種が約150種、外国との共通種約50種、学名の決まっていないもの約50種が確認されてるといわれてます。
 この全体像を熟知していた冬虫夏草研究の第一人者、清水大典氏は、まだ未記録の寄主例として「カブトムシ、クワガタ、カミキリムシそれぞれの成虫」などをあげ、それらの虫から不完全型ではない、子嚢果を生じた冬虫夏草が見つかれば、間違いなく新種としていました。

ガン細胞をも攻撃する冬虫夏草の成分。様々な疾病に対して効果がある冬虫夏草が知られるようになったのは、ガンに対する薬効成分でしょう。しかし冬虫夏草は高価でなかなか手に入らない物で、一般には浸透していきませんでした。この冬虫夏草の抗ガン作用はマウス実験による報告で、「エルゴステロール・パーオキサイド」というコレステロールによく似た形の物質が、ガン細胞を強烈に攻撃するという働きだということがわかりました。この物質以外にも冬虫夏草には、ガラクトマンナンなどの多糖類が含まれています。これは他のキノコの多糖類と同じように、免疫系を刺激して抗腫瘍活性をもたらすもので、これらの含有成分が相乗的に人間のガン細胞に働いて、強力な抗ガン作用をもたらすものと考えられています。

『呼吸器系疾患に肺と腎を強める冬虫夏草』

 ロスオリンピックで、あらためてその強さを印象づけた中国陸上の「馬軍団」。パワーの源泉の一つは、冬虫夏草のドリンクだと言われています。
 冬虫夏草は古来、中国で不老長寿、滋養強壮の高貴薬として珍重されてきました。肺と腎を強める働きがあるため、他の生薬と組み合わせて、肺気腫や喘息の根本治療によく使われています。
 中国漢方には「肺は呼気をつかさどり、腎は納気をつかさどる」という言葉があって、呼吸を肺と腎の共同作業とする考え方があります。つまり、空気を吐き出す(呼気)のは肺の力ですが、吸い込んで(吸気)、下腹部の丹田に納めるのは腎の力だとしています。喘息や気管支炎の慢性の発作に悩む患者の中には、体力の消耗から、話すのも、息を吸い込むのもつらいという人がいます。この場合、肺や腎を強化することで、よい結果を得ることが多いのです。

 

スポンサー募集

関連サイトリンク 参考文献 メール リンクについて


A society for the study of immunity  

このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。