Pleurotus cornucopiae
Lentimis Edodes Mycelia
Cordyceps Siinenis
Pleurotus ostreatus
Sparassis crispa
Agaricus blazei Murill
Ganoderma lucidum
Phellinus linteus



Kinoko gan menneki

   21世紀型の健康きのこ

 

きのこ 薬用にされるきのこ 菌糸体と子実体 ガンと免疫力 免疫本舗
Index


松茸
薬用酒として最高
姫マツタケ
Agarikusu
blazei
murrill

 その他の書籍
 
シメジ●第57回日本癌学会で報告された優れた制ガン効果
●人工栽培がむずかしいとされていたシメジ連シメジ属のキノコなので、たいへん美味しい
●そのまま食べても、加工食品でも、食用キノコなので副作用の心配がない

「書籍簡単紹介」

バイオが生んだ健康キノコ。美味しく食べて、体にいい。ハタケシメジの優れた食効と霊薬といわれるキノコの薬効をわかりやすく解説。

 


薬用にされるきのこ

シメジ

 

 バイオが生んだハタケシメジ

このハタケシメジは、ホンシメジと同じシメジ属に属する美味しいキノコで、土の中から発生します。ブナシメジが、スーパーマーケットや八百屋の店頭で「ホンシメジ」ブランドで市販されているのを見かけることがありますが、これには注意。ブナシメジは地上部の腐った切り株から発生するシロタモギタケ属。シメジ属のホンシメジ、ハタケシメジとは異種のキノコです。

 この「ハタケシメジ」、私たちが手軽に食べられるようになったのは大量生産が可能になったからです。まず、王子製紙(株)が兵庫県に所有している「海上山林(ウミガミサンリン)」からハタケシメジの野生種を採取しました。これを母材料に、亀山研究所で選抜・交雑育種により人工栽培可能菌系を開発。そして王子製紙(株)森林資源研究所のバイオ技術を導入することで、大量生産できるようになったのです。

 こうして私たちの食卓に並ぶようになった「ハタケシメジ」の食味は特徴的です。歯ざわりが格別よく、天ぷらにしても、シチューに入れて長く煮込んでも、“シャキシャキ”とその強い腰がなくなりません。さらに栄養面でも活力の素であるアルギニンを多く含み、ビタミン、ミネラルは他のキノコの3〜5倍。動物実験の結果、制ガン効果が高いことも認められ(三重大医学部)、現在市場に出ているアガリクスやサルノコシカケ以上との評価もされています。「ハタケシメジ」は、ヘルシー食品を超えた食材と言ってもいいでしょう。

 

スポンサー募集

関連サイトリンク 参考文献 メール リンクについて


A society for the study of immunity  

このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。