Pleurotus cornucopiae
Lentimis Edodes Mycelia
Cordyceps Siinenis
Pleurotus ostreatus
Sparassis crispa
Agaricus blazei Murill
Ganoderma lucidum
Phellinus linteus



Kinoko gan menneki

   21世紀型の健康きのこ

 

きのこ 薬用にされるきのこ 菌糸体と子実体 ガンと免疫力 免疫本舗
Index


松茸
薬用酒として最高
姫マツタケ
Agarikusu
blazei
murrill

 その他の書籍
 
霊芝は「生命を養う長寿薬」として、紀元前の昔から、その薬効が明らかにされていました。二〇〇〇年も前に中国で著された薬物書に、すでに具体的な効能が記載されています。

「書籍簡単紹介」

ここ数年、霊芝・アガリクス・プロポリス・キトサンなど、ガンを始めとした成人病に効果があると言われている健康食品が数多く店頭に並んでいますが、一般消費者の方には何を選んで良いのか分からない状態です。値段が高いから効果があるとも限りませんし、安いから無いとも言えません。当センターでは選ぶ際の基準を皆さまにご提供できればと考えています。選ぶ際の一番のポイントは、薬効性について科学的な根拠がある原料を使用しているかどうかです。「霊芝ならアガリクスならどれでも一緒」ではないのです。特に霊芝やアガリクスの場合、種菌(いわゆる種)、栽培方法、栽培地が変われば、その薬効性も大きく異なることが大学の研究で分かっています。

 


薬用にされるきのこ

霊芝

 

 

(学名:Ganoderma lucidum)といい、サルノコシカケ科に属する担子菌類の一品種であるが、梅などの古木10万本に2〜3本しか採取できないという稀少品種で、めったに人目にふれることがなかった。古代中国では、宮中に霊芝が生じると「天下泰平のしるしとして、祝宴を催した」と伝えられている。

 中国では「霊芝」と言い、一年生の茸で、天然には春〜秋、広葉樹の根本や切り株から発生します。かさ経は5〜15cmです。
 表面は硬質で、同心円状や放射状の浅いしわがあり、色は赤褐色や紫褐色です。
 薬用のために栽培されている為比較的容易に入手できるようになりました。

成分解説をしますと、 万年茸から分離されたラノスタン系トリテルペノイド類(45種)には、アンジオテンシン転換酵素の阻害活性が認められる為血圧降下作用があるとされるものや、抗アレルギー作用、抗ヒスタミン作用などが有るとされています。
 また、プロテオグリカンには血糖値の降下作用が有るとされ、体内の細胞の活性化に関係があると云われます。
 万年茸には鎮痛性、インターフェロン誘導性のあるゲルマニウムの含有量が多い(2000ppm前後)事が知られています。
 また、万年茸の多糖類に関して、D−グルカンなどの糖蛋白複合体に関しては強い抗腫瘍性があるとされています。

 

スポンサー募集

関連サイトリンク 参考文献 メール リンクについて


A society for the study of immunity  

このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。