Pleurotus cornucopiae
Lentimis Edodes Mycelia
Cordyceps Siinenis
Pleurotus ostreatus
Sparassis crispa
Agaricus blazei Murill
Ganoderma lucidum
Phellinus linteus



Kinoko gan menneki

   21世紀型の健康きのこ

 

きのこ 薬用にされるきのこ 菌糸体と子実体 ガンと免疫力 免疫本舗
Index


松茸
薬用酒として最高
姫マツタケ
Agarikusu
blazei
murrill

 その他の書籍
 
日本の医学者が30年前メシマコブのガン阻止率96.7%を研究発表したのを元に韓国プロジェクトが、製品化に成功。韓国では診断書がないと、この韓国新薬メシマを服用することが出来ません。
日本では 健康保険の対象外であるため患者に負担が罹るが医者の判断で服用をさせている医療機関もあります。副作用もなく免疫治癒力を高める為、ガン以外にもアトピー性皮膚炎、花粉症などにも使われだしています。

「書籍簡単紹介」

韓国ではガン治療薬として認可!治癒・共存・延命、切れ味鋭い抗ガン作用。だから、これだけ多くのガン臨床医がこの「メシマコブ」を使っている!唯一、豊富な基礎研究データと何千例もの臨床例を誇るメシマコブ菌株「PL2・PL5」。この本物の「メシマコブ」の抗ガン効果を、ガン患者とともにガンと闘う17人の臨床医が証言。

 


薬用にされるきのこ

メシマコブ

 

 

一般にきのこには、抗腫瘍活性・抗ウイルス活性などの薬効があり、古くから漢方薬などに用いられてきました。
その中でもメシマコブには他のどのきのこよりも強い、96.7%というガン増殖阻止率があることが1968 年国立ガンセンターの池川哲郎博士らが行った実験で報告されています。しかし非常に高い抗腫瘍活性があるとわかっていながらも、メシマコブは自生のものが非常に少なくまた人工栽培・培養が困難のため幻のきのことして商品化は見送られてきましたが、ようやく最近になって人工栽培・培養が可能となり広く注目されるようになりました。
メシマコブは即効性に優れていることや、抗ガン剤等とは違い全く副作用がなく高い抗腫瘍率や免疫活性効果等があることからも今後代替医療の主役として、ガンはもとより糖尿病などの他疾患にも効果は期待されています。

メシマコブについても、中国の書『本草綱目』『中薬大事典』『中国薬用真菌』『東洋医学大事典』に記載されています。要約すると次のようになります。

  • 【名  称】 桑黄。
  • 【別  名】 桑臣、桑耳、胡孫眼、針層孔菌。
  • 【形  態】 菌傘は木質、偏半球または馬蹄形、柄無し、直径8〜12cm、
                    短径2〜12cm、厚さ1.5〜10cm、浅褐色から暗灰色、黒色になる、円形。
  • 【性  味】 甘辛、無毒。
  • 【起  源】 多孔菌科植物針層孔の子実体。
  • 【生  態】 桑などの広葉樹の幹に寄生し、樹木の中心部を白く腐らせる、多年生。
  • 【成  分】 アガリシン酸を4%含む(菌糸体にはない)、脂肪酸、アミノ酸、酵素等。
  • 【用法・用量】 50〜100gを水で煎じ、1回に全量服用。1日2回服用。
  • 【効  用】 血尿、渋り腹、陰茎痛、脱肛、下血、過労、月経不順、於血、リンパ種、
                     子宮不正出血、排尿異常、鼻血、顔面の黒いしみ、胃痛、下痢。
 

 

 

スポンサー募集

関連サイトリンク 参考文献 メール リンクについて


A society for the study of immunity  

このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。