Pleurotus cornucopiae
Lentimis Edodes Mycelia
Cordyceps Siinenis
Pleurotus ostreatus
Sparassis crispa
Agaricus blazei Murill
Ganoderma lucidum
Phellinus linteus



Kinoko gan menneki

   21世紀型の健康きのこ

 

きのこ 薬用にされるきのこ 菌糸体と子実体 ガンと免疫力 免疫本舗
Index


松茸
薬用酒として最高
姫マツタケ
Agarikusu
blazei
murrill

 その他の書籍
 
日本の医学者が30年前メシマコブのガン阻止率96.7%を研究発表したのを元に韓国プロジェクトが、製品化に成功。韓国では診断書がないと、この韓国新薬メシマを服用することが出来ません。
日本では 健康保険の対象外であるため患者に負担が罹るが医者の判断で服用をさせている医療機関もあります。副作用もなく免疫治癒力を高める為、ガン以外にもアトピー性皮膚炎、花粉症などにも使われだしています。

「書籍簡単紹介」

韓国ではガン治療薬として認可!治癒・共存・延命、切れ味鋭い抗ガン作用。だから、これだけ多くのガン臨床医がこの「メシマコブ」を使っている!唯一、豊富な基礎研究データと何千例もの臨床例を誇るメシマコブ菌株「PL2・PL5」。この本物の「メシマコブ」の抗ガン効果を、ガン患者とともにガンと闘う17人の臨床医が証言。

 


薬用にされるきのこ

メシマコブ

 

 

メシマコブは、キコブタケの仲間に属する多年生のサルノコシカケで、学名をフェリナス・リンテウスと言います。その多くは、桑の古木やブナ・シイなどの木に寄生し、直径30センチの大きさに成長するまで20〜30年もの歳月を要すると言われます。
傘の表面は、黒〜褐色、内側のひだに独特の黄〜茶色の剛毛が見られていることから、中国では「桑黄(そうおう)」と呼ばれてきましたが、遺伝子を解析すると桑黄とメシマコブは遺伝子的に相当異なったキノコであることがわかりました。メシマコブの名は、長崎県男女群島の女島(めしま)に自生する桑の木にコブ状に寄生するキノコであることから名付けられました。日本や東南アジアを始め、オーストラリア、北アメリカなどに広く分布しますが、天然から採取することは難しく、また、培養も栽培も極めて困難であることから、長い間、幻のキノコ異名をとってきました。

『C型肝炎・糖尿病にも有効』


 天然メシマコブが有する免疫力の増強作用は、ガン以外のさまざまな病気の改善につながる可能性をもっています。
 例えば、C型肝炎などウイルス性の慢性肝炎もその一つである、動物実験で血糖値を下げる働きが認められていることから、糖尿病の治療にも有効であると考えられています。
 韓国ではメシマコブの菌糸体が医薬品となりましたが、いかに有効性が高くとも日本では天然メシマコブは医薬品ではなく、栄養補助食品の分類になり、医薬品のように効能・効果・用法・用量を定めることが出来ません。
 天然メシマコブには、椎茸などに似たキノコ独特の「甘み」があり、抵抗なく服用することが出来ます。

最強の抗ガン作用が認められて以来、33年ぶりに蘇ったことによって、この天然メシマコブが病に苦しみ悩む多くの人の福音になる日は近いと思われます。

『メシマコブとガン』

最近医学界に於いて代替医療の分野で、優れた抗腫瘍作用(抗癌性)があるとして注目されているメシマコブと、生命現象の重要な役割を担う核酸とを組み合わせたのが「メシマ核酸」です。現在医師の間でその有効性がとりざたされており、多くの病院で健康補助食品として悪性腫瘍患者に投与されており、アポトーシス(悪性腫瘍細胞の細胞自殺)の目覚しい経過が報告されるにいたっています。
メシマコブは、人の免疫システムを助長する現在最も強力な健康補助食品です。
メシマコブには、αーグルカンをはじめとする多種類の多糖類を含むことから、免疫賦活性、抗腫瘍活性、抗炎症力、血糖降下作用などの機能増強が期待できます。また、核酸との組み合わせによって、新陳代謝の活性よりを促進します。

 

スポンサー募集

関連サイトリンク 参考文献 メール リンクについて


A society for the study of immunity  

このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。