Pleurotus cornucopiae
Lentimis Edodes Mycelia
Cordyceps Siinenis
Pleurotus ostreatus
Sparassis crispa
Agaricus blazei Murill
Ganoderma lucidum
Phellinus linteus



Kinoko gan menneki

   21世紀型の健康きのこ

 

きのこ 薬用にされるきのこ 菌糸体と子実体 ガンと免疫力 免疫本舗
Index


松茸
薬用酒として最高
姫マツタケ
Agarikusu
blazei
murrill

 その他の書籍
 

舞茸米国では現在、およそ3,000人から4,000人のガン患者が、この「マジック・マッシュルーム」のβ−グルカンを代替療法として使っているそうです。そして、副作用がかなり軽減されることが徐々にわかってきています。
米国のエイズ患者に対してもマイタケのβ−グルカンが使われています。

「書籍簡単紹介」
第1章 欧米の医師たちが注目するがん抑制物質「舞茸D‐フラクション」/第2章 がん抑制物質舞茸D‐フラクションのナゾに挑む/第3章 がんの新免疫療法/第4章 舞茸は生活習慣病にも有効/第5章 舞茸料理で健康を守る

 

 


薬用にされるきのこ

舞茸

 

 

神戸薬科大学の難波宏彰教授です。
 マイタケ研究は、すでに10数年前より研究はスタートされています。

難波教授のプロフィールをご紹介します。
1942年生まれ。京都大学農学部で「ウイルスの増殖抑制」を学んだ後、神戸女子薬科大学助手を経て、現在神戸薬科大学微生物化学教室教授、及び同大学院教授兼任(京都大学農学博士)。
ニューヨーク・アカデミー・オブ・サイエンスのメンバー。
1995年9月、アメリカ代替ガン治療学会学会賞受賞。
<著書> 「がんに挑む 舞茸」 発行:(株)法研、定価 1200円他

●難波先生のコメント
 マイタケはその昔、これを手に入れた人に同じ重さの銀を与えたというキノコです。それ程貴重であったマイタケも、現在ではバイオファームで完全管理のもとに生育され、年中入手が可能となり、研究材料として用いることが可能になったのは、14年前のことです。
 それ以後、研究室の諸氏の努力により、動物実験で、このキノコにガンや糖尿病、高脂血症さらに高血圧に対し、その症状を改善する物質が含まれること、そしてその改善の仕組みが明らかにされました。従って、現在このキノコは、人に銀だけでなく、健康を与えることに寄与する可能性を求めて研究を続けています。
 

 

スポンサー募集

関連サイトリンク 参考文献 メール リンクについて


A society for the study of immunity  

このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。