Pleurotus cornucopiae
Lentimis Edodes Mycelia
Cordyceps Siinenis
Pleurotus ostreatus
Sparassis crispa
Agaricus blazei Murill
Ganoderma lucidum
Phellinus linteus

日本生薬天然メシマコブ

Kinoko gan menneki

   21世紀型の健康きのこ

日本生薬天然メシマコブ

きのこ 薬用にされるきのこ 菌糸体と子実体 ガンと免疫力 免疫本舗
Index


日本生薬天然メシマコブ


松茸
薬用酒として最高
姫マツタケ
Agarikusu
blazei
murrill

 その他の書籍

日本生薬天然メシマコブ

メシマコブいま、ガン臨床医のなかに「メシマコブ」を使う先生が急増している。
豊富な科学的データから折り紙つきの抗がん効果が期待でき、その抗がん効果によって、韓国では抗がん剤として認可されているからに他ならない。
余命数ヶ月を宣告された末期のがん患者がメシマコブを使い、1年も2年も元気に過ごされている例もあれば、末期のガンが縮小したり、消えた例もある。
科学的なデータからも「メシマコブ」の抗がん作用は確認されているが、自分で何もせず、ただメシマコブを摂っていれば消えてくれるほど、ガンは生易しいものではない。そうした事例を、私たちは、意志の力も含めた人間の力の勝利、全人間存在のパワーの帰結だと考えている。

「書籍簡単紹介」
韓国ではガン治療薬として認可!治癒・共存・延命、切れ味鋭い抗ガン作用。だから、これだけ多くのガン臨床医がこの「メシマコブ」を使っている!唯一、豊富な基礎研究データと何千例もの臨床例を誇るメシマコブ菌株「PL2・PL5」。この本物の「メシマコブ」の抗ガン効果を、ガン患者とともにガンと闘う17人の臨床医が証言。

日本生薬天然メシマコブ
日本生薬天然メシマコブ粒


薬剤師 求人
 


 菌糸体と子実体

キノコというと、栄養価の高いことで知られています。また、キノコに薬効があることは、中国では昔から知られていました。西暦500年頃、中国最古の薬書『神農本草経』には次のような記述があります。
 「主に視力を増強し、肝臓の精気を補い、精神を安定せしめ、仁愛・寛恕になる。長期間食べるなら、心身軽快となり、老化を防ぎ、長寿になり、仙人のようになる」
 長寿になり仙人のようになる、とまで書いてあるのですから、いかにキノコが大昔から高く評価されてきたかがわかります。
 中でも、シイタケは日本人にとって一番身近なキノコです。年間を通して栽培され、比較的安価で入手できるうえに、ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養が豊富に含まれていることから、健康食品としても知られています。ことに、干しシイタケにはビタミンB、Bが生シイタケに比べて数倍あり、光や熱で乾燥させると、カルシウムの吸収を高めるビタミンDが合成されます。
 また、不消化物の食物繊維を取ることは便秘解消にもなりますし、成分の一つであるエリタデニンには悪玉コレステロールや中性脂肪を低下させる働きがあります。過剰なコレステロールや中性脂肪は、高血圧や動脈硬化の原因となるので、このような生活習慣病(成人病)の予防にも役立つというわけです。
 なによりもすばらしいのは、免疫力を高める作用があることです。
 たとえば、風邪や食中毒が流行っている時でも、それにかかる人とかからない人がいます。また同じ病気にかかっても、人によって治りが早かったり遅かったりするのはなぜでしょうか。それは、その人の持つ免疫細胞の活性が異なるからです。
 免疫が低下していたら、病原体の細菌やウィルスに負けて、病気が発症します。病気にかからないようにするためには、常に免疫を強化しておくことが必要です。

 では、シイタケをたくさん食べれば、病気の予防や改善ができるのでしょうか。もちろん、シイタケは栄養価の高い食品なので毎日食べるのはいいことですが、生活習慣病の予防などを目的とするのであれば、シイタケ菌糸体エキスを利用した方が効果ははるかに大きいのです。

 

シイタケは知っていても、シイタケ菌糸体となると、「はて、いったい何なんだろう」と首を傾げる方が多いと思います。
 シイタケ菌糸体は、シイタケが作られる過程でできるすぐれた成分を培養し、エキスとして抽出されたものです。このエキスには免疫賦活作用、抗腫瘍作用、抗ウイルス作用、抗コレステロール作用、肝保護作用があり、中でも際立っているのが免疫賦活作用です。抗ガン作用があるとして臨床でも使用されており、その他の薬理作用についても、多くの研究機関から報告が出ています。
 このように、シイタケ菌糸体には免疫力アップをはじめ、さまざまな働きがあることが明らかになっています。

「日本生薬の天然メシマコブの菌糸体と子実体の解説」

キノコの胞子には雌雄に似た区別があり、発芽してプラスの一次菌糸とマイナスの一次菌糸が合体して二次菌糸をつくり、二次菌糸が密集し結束して子実体となります。この子実体が、一般にキノコと認識されているものです。(子実体を形成しないキノコもあります。)一次菌糸を人工的に培養するのが菌糸体培養であり、菌糸体培養品は自然産の子実体とは性状が異なります。菌糸体培養はエキスを抽出する場合、培地の成分も菌糸と共に抽出するので不純物が混入することになります。培地の成分のセルロースや澱粉が混入したエキスはβ-D-グルカン値が高くなりますが、これは価値がない(1-4)β-D-グルカン等が含まれた数値であるため、β-D-グルカン値が単に高いといっても、あまり意味がありません。価値のあるβ-D-グルカンは(1-3),(1-6)β-D-グルカンといわれており、これは子実体に多く含まれると考えられています。ちなみに、天然メシマコブにはβ-D-グルカンが約20%含まれています。

スポンサー募集

関連サイトリンク 参考文献 メール リンクについて


A society for the study of immunity  

このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。