Pleurotus cornucopiae
Lentimis Edodes Mycelia
Cordyceps Siinenis
Pleurotus ostreatus
Sparassis crispa
Agaricus blazei Murill
Ganoderma lucidum
Phellinus linteus



Kinoko gan menneki

   21世紀型の健康きのこ

 

きのこ 薬用にされるきのこ 菌糸体と子実体 ガンと免疫力 免疫本舗
Index


 

その他の書籍
 

メシマコブ日本の医学者が30年前メシマコブのガン阻止率96.7%を研究発表したのを元に韓国プロジェクトが、製品化に成功。韓国では診断書がないと、この韓国新薬メシマを服用することが出来ません。
日本では 健康保険の対象外であるため患者に負担が罹るが医者の判断で服用をさせている医療機関もあります。副作用もなく免疫治癒力を高める為、ガン以外にもアトピー性皮膚炎、花粉症などにも使われだしています。

「書籍簡単紹介」

韓国ではガン治療薬として認可!治癒・共存・延命、切れ味鋭い抗ガン作用。だから、これだけ多くのガン臨床医がこの「メシマコブ」を使っている!唯一、豊富な基礎研究データと何千例もの臨床例を誇るメシマコブ菌株「PL2・PL5」。この本物の「メシマコブ」の抗ガン効果を、ガン患者とともにガンと闘う17人の臨床医が証言。

 


 胃ガン

西暦2015の男女別発がん数89万人と推計
西暦2015年には、1年間に89万人の発がん患者数が推計されています。

男:55万4000人

女:33万6000人

ヘリコバクター・ピロリ(HP)抗体検査の特徴(EIA法)

胃粘膜内に生息する「ヘリコ・ピロリ」(略語)という細菌が、胃潰瘍十二指腸潰瘍を引き起こす原因にとどまらず、さらに最近では萎縮性胃炎や胃がん(93%)にも深くかかわっていることが判明し、胃がん予防の第一歩は、ヘリコ・ピロリ菌感染の有無をチェックすることが大切です。

血液ペプシノゲン検査の特徴(PG)

胃がん患者の胃の粘膜を調べてみると、殆どのれいで「萎縮性胃炎」が併存し、萎縮(粘膜が薄くなった状態)した胃粘膜は、胃がん発生の好発母地となっていることが判明しました。一方血中ペプシノゲンというタンパク質を測定する検査法は、胃粘膜の萎縮病変を敏感に反映し、一次検診に適しています。

ご存じですか?ヘリコバクター・ピロリ菌とは・・・

ヘリコバクター・ピロリ菌は1984年にオーストラリアの研究者によって発見され、それまでは酸度の高い胃の中に、細菌は生息しないと長い間考えられていました。以後、17年間の経過で内外の多くの研究者によってさまざまなことが解明されつつあります。経口感染するので、衛生環境の悪い発展途上国で感染が高いのですが、先進国(人口の約35%)に対して、日本は、例外で、人口の約50%、(約6,000万人)、2人に1人の感染者が推計されています。ヘリコ・ピロリ菌の年代別感染率では、29歳未満で約30%、30代で約40%、40代で約64%、50歳代以上で約70%と推計されています。ヘリコ・ピロリ菌感染の大半は小児期に感染し、一度感染すると生涯感染陽性で、「除菌治療」をしない限り陰性化しません。ヘリコ・ピロリ菌感染者の約20%が、何らかの胃・十二指腸疾患を患っていると考えられています。今日では、胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃がん、悪性リンパ腫成因はヘリコ・ピロリ菌による感染症と認知され、これらの疾患の考え方が一変しました。

ヘリコ・ピロリ菌感染症と抗体検査法(EIA法)

上部消化管疾患のヘリコ・ピロリ抗体陽性率は胃炎53%、胃潰瘍95%、十二指腸潰瘍で94%、胃・十二指腸潰瘍で95%、胃がんで93%、。消化性潰瘍の発生率は2〜3%です。一方、ヘリコ・ピロリ抗体陰性群には、一部の例外をのぞいて「鎮静剤の長期服用者」や「萎縮が胃粘膜全体に広がり、腸上皮化生の出現で生息が困難になって、消失し、陰性化する」例があります。ヘリコ・ピロリ菌に感染すると体の免疫が働いて抗体ができます。少量の血液で抗体を測定(EIA法)検査します。定量測定で精度も高く、簡便で安価です。この検査結果で、強陽性者は胃がん発生のリスクが陰性者の6倍といわれています。
ヘリコ・ピロリ菌感染者全体の0.4%が胃がん発生のリスクです。
現在、ヘリコ・ピロリ菌関与の「胃がん発生のメカニズム」について、内外の研究者により遺伝子レベルで解明されつつあります。

血液ペプシノゲン(PG)とは(PG:ペプシノゲン略語)

ペプシノゲンは、胃粘膜から産出される蛋白質で、一部が血液に含まれています。したがって、少量の血液検査で胃のペプシノゲン産出量を調べ、胃粘膜の病変状態をチェックすることができます。ペプシノゲン(PG)には2種類(PGT、PGU)が存在し、PGTは胃底部から産出され、胃酸の分泌能および胃壁細胞量と相関します。PGUは胃全体から産出され、加齢とともに増加し、60歳代でほぼ一定になります。胃粘膜の萎縮性変化は、胃粘膜の分泌機能低下や胃の老化現象で、胃粘膜が薄くなる変化をいいます。薄くなっつた胃粘膜に胃ポリープや胃がんができやすいのです。健康な胃にヘリコ・ピロリ菌が感染すると胃粘膜に炎症をおこし、血中PGT、Uともに増加し、更に萎縮変化で、PGTが低下し、PGT/U比も低下します。血液ペプシノゲンは胃粘膜の炎症や、萎縮の変化を鋭敏に反映する検査です。

血液ペプシノゲン法は胃がん1次検診に有効

胃がん患者の胃粘膜を調べると、殆どの胃がん粘膜に萎縮性胃炎が併存し、萎縮性胃炎の粘膜は胃がん発生の好発母地になっていることが判明しています。また、胃粘膜の委縮性が高い程、胃がん発生頻度も高いことが解りました。一方、血液ペプシノゲンの異常値は胃粘膜の萎縮の程度や広がりの病変をよく反映し、両者は高い相関性があることが認められています。したがって、萎縮性胃炎の有無を経過観察(検査チェック)することで、早期胃がん発見の契機となる有効性の評価が高まっています。実施評価に「厚生省研究班報告」資料の一部で、本法間接胃X線法の複数施設比較集計データによると・・・。

スポンサー募集

関連サイトリンク 参考文献 メール リンクについて


A society for the study of immunity  

このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。