Pleurotus cornucopiae
Lentimis Edodes Mycelia
Cordyceps Siinenis
Pleurotus ostreatus
Sparassis crispa
Agaricus blazei Murill
Ganoderma lucidum
Phellinus linteus



Kinoko gan menneki

   21世紀型の健康きのこ

 

きのこ 薬用にされるきのこ 菌糸体と子実体 ガンと免疫力 免疫本舗
Index


 

その他の書籍
 

メシマコブ日本の医学者が30年前メシマコブのガン阻止率96.7%を研究発表したのを元に韓国プロジェクトが、製品化に成功。韓国では診断書がないと、この韓国新薬メシマを服用することが出来ません。
日本では 健康保険の対象外であるため患者に負担が罹るが医者の判断で服用をさせている医療機関もあります。副作用もなく免疫治癒力を高める為、ガン以外にもアトピー性皮膚炎、花粉症などにも使われだしています。

「書籍簡単紹介」

韓国ではガン治療薬として認可!治癒・共存・延命、切れ味鋭い抗ガン作用。だから、これだけ多くのガン臨床医がこの「メシマコブ」を使っている!唯一、豊富な基礎研究データと何千例もの臨床例を誇るメシマコブ菌株「PL2・PL5」。この本物の「メシマコブ」の抗ガン効果を、ガン患者とともにガンと闘う17人の臨床医が証言。

 


 現在のガン治療

現在、医療面において主流となっている癌治療は以下の三通りが挙げられるといって良いでしょう。

外科療法…外科手術をする。
放射線療法…放射能を照射する。
化学療法…抗癌剤を投与する。
しかしながら、悪性腫瘍をこれらの組み合わせによる集学的療法で完治させというものは残念ながら少ないのが現状です。癌の発生によって全身の機能は障碍を受けていて一般症状は低下しているものです。

外科療法でも、放射線療法でも、化学療法でも、どれをとってもリスクは免れない「つきもの」なのが現状なのです。
最近、行われている腫瘍内の温度を上げ腫瘍細胞を死滅、壊死に至らしめるという温熱療法や腫瘍組織を凝固させる方法などもあります。これとて、この療法だけでは治癒は望めず、他の療法と併用しなくてはならないのです。

外科療法でも、放射線療法でも、化学療法でも、どれをとっても
リスクは免れない「つきもの」なのが現状なのです。
最近、行われている腫瘍内の温度を上げ腫瘍細胞を死滅、壊死に至らしめるという温熱療法や腫瘍組織を凝固させる方法などもあります。これとて、この療法だけでは治癒は望めず、他の療法と併用しなくてはならないのです。

スポンサー募集

関連サイトリンク 参考文献 メール リンクについて


A society for the study of immunity  

このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。